熱中症予防・救急医療情報カード

概要:外出時は必ず持参しよう。熱中症になったとき、自分の健康情報を相手に伝えます。

会社名: 株式会社健康日本総合研究所

2017年05月17日 投稿

業種:その他, その他サービス業, 医療・福祉, 防災

「熱中症予防・救急医療情報カード」
http://kenkounihon.co.jp/page104.html
【熱中症予防カード・シートとは】
熱中症予防カードとは、熱中症の説明から予防方法などについて書かれた、おもにカードサイズのカードのことをいいます。
当社では精度の高い液晶温度計を貼り付け、表示された温度に危険域を設定することで、熱中症に対する意識付けを強化しています。
また、熱中症予防シートとはB5サイズ以上のカードをさしており、現在定番品として3種類を販売しています。
【「熱中症予防・救急医療情報カード」発売の背景】
シリーズ開始当初、カードサイズの熱中症予防カードは、液晶温度計のサイズが6mm×62mmと小さく、温度表示が見えにくいという欠点がありました。
カードサイズでは限界があるため二つ折りにするカードが考案されました。その後、自分の健康情報を書くことができ、三つ折りにするとカードサイズになる、液晶温度計サイズが8mm×72mmの商品になり発売することになりました。
【「熱中症予防・救急医療情報カード」について】
「熱中症予防・救急医療情報カード」は、熱中症予防対策の官民一体の国民運動である「熱中症予防声かけプロジェクト」( http://hitosuzumi.jp/ )キャラクターであるしろくまの「涼太郎」を採用した最初の商品です。
<本商品5つの特徴>
1. サイズは三つ折りにしてカードサイズ
市販されているカードサイズに比べて字も大きく、お年寄りでもとても見やすくなっています。
熱中症の予防法や熱中症になってしまった時の対処法を「涼太郎」がアドバイスをしています。
2. 液晶温度計は8mm×72mmで約1年間の保証付き
20℃から42℃の2℃ごとの表示で数字も大きく見やすい表示となっています。
精度は±0.5℃です。
普通の使い方で精度が悪くなったり、2つ以上の温度帯が表示されるなどした場合は無償で交換いたします。
また、温度設定が20℃からのため、夏だけではなく冬も暖房の目安として活用できます。
3. 危険域は湿度75%の場合で設定
株式会社健康日本総合研究所の熱中症予防カード・熱中症予防シートは湿度60%の場合と湿度75%の場合の2種類があります。
「熱中症予防・救急医療情報カード」は湿度75%の場合を採用しています。
4. いざというときのセーフティーカードになります。
裏面に自分の健康情報・医療情報を明記しておきます。熱中症になってしまうとしゃべれなくなることがあります。このときにこのカードを見せてください。あなたの情報を相手に伝えます。
*.この商品の模造品が出回っています。注意してください。
【「熱中症予防・救急医療情報カード」の概要】
名称   : 熱中症予防・救急医療情報カード
発売開始日: 2012年5月5日
販売価格 : 200円(税別)
サイズ  : 縦165mm×横85mm(三つ折り時55mm×85サイズ)
カラー  : 表面4色裏面1色
販売店  : Amazon.co.jp、代理店、
       および当社ホームページからの直販
       (販売開始日現在)
知的財産権: 実用新案登録第3177359号
URL    : http://kenkounihon.co.jp/page104.html
【会社概要】
商号  : 株式会社健康日本総合研究所
代表者 : 代表取締役 井上 泰裕
所在地 : 〒712-8046 岡山県倉敷市福田町古新田1214-17
設立  : 1991年3月
事業内容: 熱中症予防カードの企画、販売他
資本金 : 1,000万円
URL   : http://kenkounihon.co.jp

高齢者にも見やすい字の大きさです。裏に健康情報・医療情報を書いて三つ折りにして付属のビニールケースもしくは別売の首からかけるカードケースに入れて持ち歩きます。

首からかけて持ち歩くこともできます。カードケースも販売していますが100円均一のカードケースでOKです。(ただし、直射日光に当たると正確な温度表示になりません。日陰にして測定してください。)

商品スペック

  • 商品名

    熱中症予防・救急医療情報カード

クチコミ・レビュー

企業情報

  • 株式会社健康日本総合研究所

  • 〒712-8046 岡山県倉敷市福田町古新田1214-17

  • TEL.086-454-0222

  • Webサイト http://kenkounihon.co.jp