AI物流ロボット

概要:EC市場拡大による人手不足を倉庫の省人化・効率化で打開 日本初・アリババグループが採用するAI物流ロボットを稼働開始 倉庫内作業の作業効率が人力の6倍に

会社名:株式会社アッカ・インターナショナル

2017年07月24日 投稿

業種:電子部品・デバイス・電子回路製造業

通販バックヤード業務に特化したフルフィルメントサービスを提供する株式会社アッカ・インターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役:加藤 大和、以下:アッカ)は、物流業界の人手不足の打開策として、2017年7月24日、中国最大のインターネットショッピング・モールであるアリババグループが採用するAI物流ロボットの稼働を日本で初めて開始しました。
ECサイトで顧客が購入した商品を倉庫から取りに行くピッキング作業と入荷時に商品を保管する棚入れ作業をロボットで自動化することにより、従来の人力と比較して作業効率が6倍以上になり、省人化と人件費の削減を可能にします。
第一号クライアントとして、アッカが手がけるドイツの靴メーカーBirkenstock(ビルケンシュトック)ジャパン社(導入所在地:千葉県印西市)で導入いたしました。
AI物流ロボット 稼働現場
■AI物流ロボット導入のメリット1)省人化:ピッキングの作業効率が人力の6倍に、倉庫のオペレーションを刷新AI物流ロボットが商品のピッキングや商品棚の移動などを最適な動きで行い、人は出荷指示と棚へ商品を入れる作業だけすればよくなり、省人化が可能になります。
人力では1時間あたり50点程度だった上限ピッキング数が、ロボットにより300点以上になり、作業効率が飛躍的に向上します。
棚入れする作業者にとって歩く作業が大きく軽減されます。
2)省エネ化ロボット導入により無人スペースができ、空調管理や電灯などを必要最低限で済ませることができ、省エネ化につながります。
また、ロボットは30分の充電で10時間の稼働 ができます。
電気代も非常に安価ですので、省人化による人件費削減と併せて低コストでの運用をかなえます。
従来の人力での倉庫作業https://www.atpress.ne.jp/releases/133823/img_133823_6.jpgAI物流ロボット稼働後https://www.atpress.ne.jp/releases/133823/img_133823_2.jpg
■AIが倉庫を最適化、新商品の需要予測も今回導入するAI物流ロボットは、AIを活用しています。
ロボットを制御するシステム内ではモノが動いたデータを蓄積・判別することで、人気商品の棚を出荷場所の近くに自動で移動させ、倉庫の最適化を図ります。
また、蓄積したデータは、新商品の需要予測、店舗販売商品の欠品予測などマーケティングにも活用の幅を広げ、倉庫がモノを扱うだけでなく、ビックデータを束ねる重要な役割を担っていきます。
■2年でロボット導入費用を回収物流の大型機械の導入は、これまで初期の高額投資、資本回収の長期化といった導入リスクを抱えていましたが、ギークプラス社のAI物流ロボットでは人に代わってロボットが作業を行うことで人件費を削減でき、約2年で導入費用の回収がかないます。
上記のAI物流ロボットは物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジスが運営する賃貸用物流施設「プロロジスパーク千葉ニュータウン」で稼働しており、物流分野における次世代技術の実証実験をプロロジスと協働で行います。
■株式会社アッカ・インターナショナル 代表取締役 加藤 大和 コメント「株式会社アッカ・インターナショナルは通販バックヤードに特化したフルフィルメントサービスプロバイダーです。
アパレルの小売りを確実に加速させるスキームを各社に提供しています。
今回導入するAI物流ロボットもお客様の売上を加速させるソリューションの一つとして導入を決定しました。
中国では11月11日が「独身の日」(ダブルイレブン)と呼ばれ、毎年ネット通販各社による大規模セールが行われます。
昨年、中国に視察に行った際に、この中国最大のネット通販イベントに対応するために数万件の出荷作業を行っていたのは、『ヒト』ではなく『ロボット』でした。
その圧倒的な物流波動に耐えられる姿を中国の倉庫で目にしたとき、即座に導入を決めました。
日本でも物流クライシスが起きる中、労働力不足の救世主として、AI物流ロボットの導入は非常に画期的なソリューションです。
また、自分たちでAI物流ロボットの効率性を享受し、業務を委託いただいているお客様に還元できるように在庫一元化に向けデータを利用し、『いかにモノを動かさないで物流を行うか』を常に考えています。

■株式会社アッカ・インターナショナルについてURL: http://acca-int.jpアッカ・インターナショナルは400以上のアパレルブランドを取り扱うフルフィルメントサービスプロバイダーとしてロジスティクス、カスタマーサポート、商品撮影スタジオ、サイトクリエイティブまでのアパレルメーカーのバックヤード業務を一括代行し、ロボットでさらに効率化・省人化可能な業務オペレーションを提供します。
アパレルメーカーは商品情報を渡し、商品を送るだけで、それ以降はアッカ・インターナショナルがささげ(撮影・採寸・原稿)を行い、商品をECサイト上に掲載します。
また、商品データ在庫一元管理システムALIS(アリス)は、ECや店頭にある在庫をリアルタイムで把握できるシステム店舗在庫連携などのオムニチャネルも対応しています。
商号  : 株式会社アッカ・インターナショナル設立  : 2006年1月所在地 : 東京都港区東新橋2-11-4 汐留プラザビル4F(受付)代表  : 代表取締役 加藤 大和URL   : http://acca-int.jp事業内容: アパレルネット通信販売      フルフィルメント業務
プレスリリース提供元:@Press

動画でチェック!

商品スペック

  • 商品名

    AI物流ロボット

クチコミ・レビュー

  • 商品資料/申込書
  • キャンペーン情報
  • モニター募集

企業情報

  • 株式会社アッカ・インターナショナル

  • 〒270-1360 東京都港区東新橋2-11-4 汐留プラザビル4F(受付)

  • TEL.03-6435-6035

  • Webサイト http://acca-int.jp