URURU in ONE

概要:幹細胞美容シリーズ公式ウェブストアがリニューアル 英語・中国語に対応し海外注文が可能に

会社名:コロニアル株式会社

2017年10月03日 投稿

業種:美容

アンチエイジングコスメ&サプリメントブランド「URURU in ONE」をEC展開する、コロニアル株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役:仲田 章剛)は、世界中のお客様に商品をご利用いただけるよう、2017年10月1日にECサイトを全面リニューアルオープンいたしました。今回のリニューアルにより、英語と中国語でのショッピンクが可能となりました。

「URURU in ONE」(うるるインワン公式ウェブストア)

http://www.ururu.me

■リニューアルオープンの背景

「URURU in ONE」は、これまで国内ECを中心に展開してきました。しかし、海外のお客様を中心に、「商品を使ってみたい」「海外向け配送サービスはないか」などの声をいただいておりました。そしてその声に応えるべく、この度ECサイトを海外配送と海外決済サービスを加えてリニューアルオープンいたしました。

■「URURU in ONE」サイトの特長

当サイトでは、ページのトップ画面の「海外のお客様はこちら」から進むと、英語と中国語でのショッピンクが可能です。自動翻訳システムを使用せず、商品説明を含むすべてが翻訳者による表現になっております。お支払いは、決済代行サービス(PayPal、Alipay、銀聯ネット決済)がご利用になれます。配送は日本から(国際郵便)EMSで直接配送いたします。

また「URURU in ONE」では、日本国内のご注文について、居住地域による送料格差を無くす取り組みとして、全国統一送料 648円(税込/沖縄・北海道・離島も含む)でお届けします。

■ブランドコンセプト ~ 化粧水はいらない ~

当社では「化粧水はいらない」というコンセプトとのもと、幹細胞美容シリーズでアンチエイジングに取り組んでいます。

紙を水でぬらして干すと、パリパリになり元の状態には戻りません。肌も同じで過剰な水分を与えてしまうと、その水分が蒸発するときにお肌に必要な分の水分まで一緒に揮発させてしまいます。肌が水分を閉じ込めておける量には限界があるため、それが何度も繰り返されると、肌の角質がヨレヨレの状態にもなってしまいます。

また、健康な肌には「皮脂膜」と呼ばれるバリアがあり、紫外線などの刺激から肌を守ってくれています。ところが、粘性の高い化粧水などを使って過度のスキンケアを続けていると、肌は皮脂膜をつくることをやめてしまいます。なぜなら、必要性を感じなくなってしまうからです。

乾燥肌のなかでも、「化粧水をぬらないで放置すると、肌が乾燥してつっぱったり、肌が粉を吹いてしまう」というタイプの方は、化粧水の使いすぎが原因として考えられます。天然の皮脂膜があれば、本来は化粧水は必要ありません。過度なスキンケアは、肌本来がもつ力を弱めてしまうこともあります。

「URURU in ONE」では、お肌にとって一番大切なうるおいを補い、そして何よりも敏感肌の女性に配慮した商品開発を行っています。

商品例

https://www.atpress.ne.jp/releases/138715/att_138715_1.pdf

■会社概要

商号  : コロニアル株式会社
代表者 : 代表取締役 仲田 章剛
所在地 : 〒550-0002 大阪市西区江戸堀2−1−1−9F
設立  : 2010年9月
事業内容: 化粧品、健康食品及び美容雑貨の商品企画、販売業務
資本金 : 900万円
URL   : http://www.colonial.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

商品スペック

  • 商品名

    URURU in ONE

クチコミ・レビュー

  • 商品資料/申込書
  • キャンペーン情報
  • モニター募集

企業情報

  • コロニアル株式会社

  • 〒550-0002 大阪市西区江戸堀2−1−1−9F

  • TEL.072-429-9674

  • Webサイト  http://www.colonial.co.jp