2018 Japan IT Week 第7回 IoT/M2M展【春】

概要:「2018JapanITWeek第7回IoT/M2M展【春】」出展のお知らせbyPRTIMES

会社名:株式会社ウフル

2018年04月26日 投稿

業種:IoT


展示概要
 展示会名: 2018 Japan IT Week 第7回 IoT/M2M展【春】
 会  期: 2018年5月9日(水)~11日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
 会  場: 東京ビッグサイト
 主  催: リード エグジビション ジャパン株式会社
 ブース番号: 西8-1(Armパビリオン内)、西5-10(菱洋エレクトロブース内)

展示内容
ウフルでは、IoT製品・サービスづくりを包括的に支援する「enebular(R)(エネブラー)」をご紹介します。
enebularを使うことによって、デバイスやクラウドの専門知識がないエンジニアでも、ビジュアルプログラミング環境でIoTのシステムを手軽に開発できます。
enebularにより、デバイスとクラウドが1つの環境で開発を可能になります。
様々なサービスやデバイスとの連携を容易にする優れた汎用性で、多様な業界のニーズに対応します。
また、デバイス管理・閾値の変更などもクラウド上で行えるため、遠方や大規模の開発・運用も格段に効率化することができます。
Armパビリオン内および菱洋エレクトロブース内の2か所に出展し、以下の内容をご紹介します。
Armパビリオン内ブース(小間番号:西8-1)
Armパビリオンの展示ブースでは、ブースをアパレル店舗と想定し、実際にウフルのエンジニアが短期間で構築したシステムを使って、店舗内での顧客の興味関心情報の取得し、その情報をリマーケティングに活用する「IoTマーケティング」のデモもご用意しています。
その他に、業界のニーズにあわせた7つのenebularユースケースをご紹介します。
ご来場特典として、名刺交換させていただきました方を対象に、抽選で5名様へ『IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書』をプレゼントいたします。

菱洋エレクトロ内ブース(小間番号:西5-10)
AIのエッジ運用を支援する「enebular AI empowerment」のデモを展示します。
機械学習やディープラーニングで得られたAI推論モデルに、適切にデータを提供することにより、エッジデバイスで実行することが可能です。
さらに、その推論モデルを差し替えることにより、同じハードウェアでも異なる処理を実行することができます。
当ブースでは、ペットボトルの異常を識別する2つの推論モデルを差し替えるデモを展示します。
■enebularについて
「enebular」は、ウフルが提供するIoTオーケストレーションサービスです。
エッジデバイスとクラウドが連携するアプリケーションの開発や、様々なクラウドサービスとの連携を簡便に実現し、多数のデバイスが協調するIoTシステムの最適なオペレーションを支援します。
また、商用展開可能なセキュリティとスケーラビリティとを備えています。
2014年のリリース以来、IoT/AIを活用してデジタルトランスフォーメーションに取り組む様々な企業に導入いただいています。
2017年5月には、英Arm社との間で、同社のIoTデバイス管理プラットフォーム「Arm(R) MbedTM Cloud」のパートナー契約を締結したことにより、クラウド・エッジデバイス・エンドデバイス全てにおけるセキュリティ、特にハードウェアレベルのセキュリティを重視した開発が可能となりました。
■株式会社ウフルについて(http://uhuru.co.jp/
株式会社ウフルは「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げ、インターネットによる革新的な製品とサービスによって顧客と社会の価値向上に貢献することを目指しています。
IoT事業を核とし、エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular」を用いて、IoT領域で顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。
来る5Gの普及に向け、NB-IoTなどの次世代通信技術にも取り組んでおります。
コンサルタント、エンジニアやクリエイターといった多彩な人材からなるチームにより、IoT事業を実現するために必要なプロフェッショナルサービスを、事業戦略・技術支援・コミュニケーション戦略などワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。
プレスリリース提供元:PR TIMES

商品スペック

  • 商品名

    2018 Japan IT Week 第7回 IoT/M2M展【春】

クチコミ・レビュー

  • 商品資料/申込書
  • キャンペーン情報
  • モニター募集

企業情報